ハーレクイン・イマージュ

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・イマージュばかり集めて楽しんでみました。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

キスまでの距離 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
会社員のテイはロンドンの瀟洒なアパートに女友達と住んでいた。友達が出ていき、ルームメイト募集の告知を貼りだした直後にやって来たのは不機嫌で無口な背の高い男性、マグナスだった。異性は断るつもりだったけれど、応募者は結局彼ひとり。仕方なく共同生活を始めたが、マグナスは画家だと言うわりには仕立てのいいスーツを着ているし、一度も作品を見せてくれない。そしてテイのデートに冷ややかな態度で口をはさんでくる。「昨日はクームズ社の御曹司、今日はフレイザー社の若手社長か」ちがうわ、いつもの私はこうじゃない。あなたが私を動揺させるから!テイは楽しいけれどときめきのないデート相手と、無愛想なのに魅力的なルームメイトの狭間で戸惑う。そんななか家庭の問題が浮上して…。

内容(「MARC」データベースより)
会社員のテイが貼りだしたルームメイト募集の告知に応募してきたのは、不機嫌で無口な背の高い男性、マグナスただひとり。仕方なく共同生活を始めたが、マグナスはテイのデートに冷ややかな態度で口をはさんできて…。

禁断の恋人 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
在宅看護を専門にしている看護婦のミシェルは、怪我をして実家に戻っているザックの見舞いに出かけた。そして、二年ぶりに彼の姿を見て思わず息をのんだ。ザックはあらゆる意味で大人の男性となり、危険なほど魅力的な男性に変身していたのだ。信じられないことに、彼は自宅に戻ったあとの付き添い看護を頼みたいと言ってきた。怪我の痛みにひどく苦しむ彼を見かね、ミシェルは申し出を受け入れてしまった。ザックの魅力に翻弄される日々が待ち受けているとも知らず。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ウインターズ,レベッカ
アメリカの作家。十七歳のときフランス語を学ぶためスイスの寄宿学校に入る。帰国後大学で、多数の外国語や歴史を学び、フランス語と歴史の教師になった。ユタ州ソルトレイクシティに住み、四人の子供を育てながら執筆活動を開始。これまでに数々の賞を受けたベテラン作家である(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

駆け引きは薔薇色 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
実家で経営者兼バーテンダーとして忙しく働く未亡人のマーニーは、久しぶりにひとりで過ごしたくて観光地から外れたメキシコの小さな村へ小旅行に出かけた。慣れない言葉でやっと美しいビーチに家を借りたが初日から嵐の夜とまさかの停電。心細くなっていたところに唯一の隣人が訪ねてきた。それはさっきカフェで会ったスペイン語に堪能な男性だった。美しい金髪、たくましい体、そしてなぜか猜疑心いっぱいの表情。「きみは何者なんだ?なにが狙いだ?」JTと名乗るこの人こそ、いったい何者なの。

内容(「MARC」データベースより)
経営者兼バーテンダーとして働く未亡人のマーニーは、メキシコの小さな村へ小旅行に出かけた。慣れない言葉でやっと美しいビーチに家を借りたが、初日から嵐の夜とまさかの停電。そこへ、隣人の男性が訪ねてきて…。

禁じられた口づけ (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
上司のマーカスの前で、キットはずっと“地味でお堅い秘書”を演じてきた。本当は、やぼったい眼鏡をはずし、ひっつめた髪を下ろして、ありのままの姿を知ってほしいけれど、そんなことをすれば彼への恋心まで見透かされてしまう。それに私には、ほかにも秘密がある…。ところがある日、キットのジレンマを吹き飛ばす出来事が起こった。マーカスが突然こう言ったのだ。「今度の週末は、君と一緒に過ごすことにしたよ」。

内容(「MARC」データベースより)
上司のマーカスの前で、キットはずっと「地味でお堅い秘書」を演じてきた。やぼったい眼鏡をはずし、ひっつめた髪を下ろして、ありのままの姿を知ってほしいけれど、そんなことをすれば彼への恋心まで見透かされてしまう…。

恋はスコールのように (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
いとこを訪ねてインドネシアの島にやってきたガビーは、発電所建設現場の診療所で働く医師、ジェドと出会った。ジェドは怠惰で無愛想だが、医師としての信頼は厚いようだ。インディ・ジョーンズを彷彿とされる粗削りな魅力もある。実際、事故にあった怪我人の治療にあたるジェドを見てからはガビーはさらに彼に惹かれるようになった。そのころ、建設現場では不可解な事故が続いていた。発電所の建設に反対する人々の妨害活動ではないか…。そんな心配が高まった矢先、技師たちが連れ去られた。人質たちの安否を気づかい、薬を届けるというジェドに、ガビーは自分もついていくと言い張る。しかし、二人もまたとらえられ…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
アンダーソン,キャロライン
イギリスの作家。看護婦、秘書、教師、室内装飾業者を経て、現在は作家に落ち着く。「いつも何かを探し求めてきて、作品を執筆するごとに新しい世界や友人との出会いがあった」と語る。イングランド東部サフォークで暮らしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

誘惑のルール (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
キャリーはかんかんに怒っていた。晴れて結婚の決まった親友のサラが、父親の過去のスキャンダルをゴシップ紙に暴露されたのだ。サラのかわりに、記事を書いた記者に抗議してやらなければ。勇んで新聞社に乗り込んだキャリーは、記者に会って唖然とした。彼女の非難に、相手は謝るどころか、逆に言い返してきたのだ。見下げ果てた男だわ。キャリーは怒りをつのらせ、新聞社をあとにした。ところが、罵倒された当のランスは、いとこのオフィスにいたために記者に間違われたことを否定もせず、ひとりで楽しんでいた。直感的に彼女こそ理想の結婚相手だと確信さえするようになる。あれほど誇り高く、大胆で、友達に誠実な女性はいない。でも、名前はなんというのだろう?ランスはさっそく彼女の素姓を調べにかかったが、再会の機会は思いもよらない場所で、意外に早く訪れた。

二月十四日に…―薔薇色の人生をあなたに〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
イエロー・ローズ・マッチメーカーはコンピューターを導入した、テキサス一のカップル誕生率を誇る結婚相談所だ。エミリーは雑誌記者のいとこに頼まれ、仕方なくそこへ向かった。相手を探しているふりをして内部事情を探り、記事のねたを提供する。いわばスパイ行為だと思ったが、いとこは一種のおとり捜査だと言った。後ろめたいところなどない、単なるリサーチだと。さっさと約束を果たして、早くいつもの生活に戻ろう。エミリーはヴィクトリア朝風の華やかな建物に入っていった。だが、とたんにぴたりと足を止めた。まさか、こんなことって…。彼女は突然目に飛び込んできた男性に心を奪われた。いいえ、きっとこれは室内に漂う薔薇の香りのせいよ…。ところが、コンピューターが彼女に選んだ相手はほかでもない、このとき出会ったコーディだった。いくらすてきでも、結婚を真剣に考えている人に、取材を兼ねていると言えるわけがない。エミリーは悩んだが、実は彼も、素性を偽って相手を探す身の上だった。

罪深い恋心―情熱をもう一度〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
十九歳の若さで未亡人になったアンバーは、今日もぼんやりと公園のベンチに座っていた。よく見かける気さくな男性が、きびきびとトレーニングをしている。力強い腕や筋肉質の長い脚が、ひときわ目立つ。同じアパートメントに住んでいると知って、アンバーはアダムというその男性に興味を引かれた。でも、彼と親しくなるなんてありえない。今の私は、恋をするどころか、生きているだけで罪の意識を感じるのだから。

内容(「MARC」データベースより)
19歳で未亡人になったアンバーは、今日も公園のベンチに座っていた。よく見かける男性アダムが同じアパートメントに住んでいると知り、興味を持つが、生きているだけで罪を感じるアンバーは、彼と親しくなるのをためらい…。

待ちわびた告白―愛を約束された町〈3〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
牧場主のグレイディと、町の郵便局長のキャロラインは幼なじみ。だが、顔を合わせれば喧嘩になってしまう。キャロラインが女手一つで育てている五歳の娘のマギーが、粗野なグレイディを怖がることも問題だった。そんなとき、グレイディの弟のリチャードが、兄が彼女に気があることを察し、マギーがなついているのをいいことに、キャロラインに接近し始めた。さすがのグレイディもそれには色めきたった。弟とはいえ、女たらしのリチャードにキャロラインを取られてはたまらない。リチャードが町の教会のパーティに彼女を誘うと宣言するに至って、ついにグレイディも心を決めた。キャロラインを誘うのはこの僕だ。リチャードより先に、この胸の思いをきっぱりと告白してみせる。

しとやかな誘惑 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
牧師の娘として生まれたチャリティは、昔からしっかり者だった。亡くなった母のかわりに家を切り盛りし、弟の面倒もみてきた。その弟が、オーストラリアで消息不明になった!チャリティは手がかりを求めて、イギリスから南半球へ飛ぶ。だが、弟のボスだったケインは彼女を冷たくあしらった。すてきな男性だけれど、彼はなにかを隠しているわ。あきらめきれずに街へ出て、情報を集めるために慣れない酒を飲む。目覚めると見知らぬ寝室にいた。目の前にはケインが立っている。チャリティは愕然とした。私がなぜこんなところに?そこへ彼が追い討ちをかけた。「ゆうべの君はすばらしかったよ」。

内容(「MARC」データベースより)
牧師の娘として生まれたチャリティは、昔からしっかり者だった。亡くなった母のかわりに家を切り盛りし、弟の面倒もみてきた。その弟が、オーストラリアで行方不明になった! チャリティはイギリスから南半球へ飛ぶが…。

[墨田区紀行] [千葉の印刷なら千代田印刷] [鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」] [電子たばこ] [高収入バイト情報] [東京ぶらぶら] [GOGO!江戸川区!] [鶯谷・うぐいすだに] [横浜関内リラクゼーションサロンDIO] [幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク] [アキバ中毒のページ] [ハロー!江東区!] [美容外科] [日暮里 鶯谷 上野 ニュース] [台東クラブ] [台東紀行]

oooおいしいくだものメニューooo IIS設定備忘録ooo ショッピング 検索ooo 下町感溢れる足立区を調べるooo ラッキーショッピングooo あまーい千葉スイーツタワーooo ~新宿 Live House~ooo 東金ぶらり・東金の名所。地域情報!!ooo 神奈川いいとこじゃん!ooo 千葉県の自然ooo 夏はプールだ千葉特集ooo メイドの土産.comooo A&Dooo 千葉鉄男の千葉を走る鉄道集ooo 週末お出かけマップアンドパーク千葉ooo 歴史千葉ooo 木更津市をもっと知りたい.com!ooo 焼肉喰ってパワーアップッ!ooo 千葉県の施設ooo 春日ちゃんのお散歩マップooo