ハーレクイン・イマージュ

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・イマージュばかり集めて楽しんでみました。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

思いがけない結婚 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
これは何かのまちがいよ。わたしの寝室に、どうして…?ローラは仕事から疲れ果てて帰宅したとき、ベッドの上ですやすや眠っている赤ん坊を見つけて仰天した。生後数カ月といった様子で、文句なく愛くるしいが、赤ん坊にもその親にもまったく心当たりはない。誰かが無理やり窓から進入し、置き去りにしたのだ。困った彼女は隣室の住人、ジャスティン・ベインに助けを求める。いつも傲慢な態度をとる彼に頼るのは癪だが、この際しかたない。ローラは福祉事務所に連絡して赤ん坊を預けようと提案したが、なぜかジャスティンはそれを制止し、信じられない話を持ちかけた。

星の降る夜 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
運命の恋人だった夫を失って五年。再び人を愛することは許されるのか?姉が子供を産もうと計画している。しかも会ったばかりの男の。相手のジョーは有名な風刺漫画家で、プレイボーイだという噂だ。このままでは姉の不幸は目に見えている。絶対に阻止しなければ!ジョーの自宅を急襲したリディアは一気にまくしたてた。彼は皮肉たっぷりに応じたあげくに言った。「きみも僕とベッドをともにしたいのかい?」怒り狂っていいはずなのに、なぜか悪い気がしない…。最愛の夫を事故で失って以来、初めてのときめきだった。でも姉を裏切ることになる。ましてこんな男を許すなんて!幸い翌日から仕事でシドニーを離れなくてはいけないリディアは、その間に心を静め、ジョーを完全に忘れるつもりだった。ところが、目的地で彼女を待っていたものは…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
アームストロング,リンゼイ
南アフリカ生まれ。現在はニュージーランド生まれの夫と5人の子供たちとともに、オーストラリアで暮らす。オーストラリアのほとんどの州に住んだことがあり、農場経営や馬の調教など、普通では経験できない職業を経てきた。作品にはその体験が大いに生かされている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ドクターの苦悩 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
新任のドクターを紹介され、看護婦のクロエは凍りついた。そんなはずは…。でも、確かにデミトリウスだわ!彼は八年前にクロエが情熱的に愛を交わした相手だが、その恋は三カ月で悲しい結末を迎えたのだった。そして今、再びクロエの目の前に立ったデミトリウスの瞳には、ひどく冷ややかな色が浮かんでいた。君は僕のことなど忘れ、幸せな結婚をしたのだろうと言いたげな色が。そう、デミトリウスはなにも知らないのだ。八年間、私が傷ついた心をかかえてつらい日々を過ごしてきたことも、彼との間にできた双子をひそかに産み育ててきたことも…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
バーカー,マーガレット
フルタイムの作家であると同時に、母でもあり祖母でもある。看護婦として働いた経験を生かし、1983年以来、医療の世界を背景にした作品を数多く発表している。夫とともにイングランド東部地方に住む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

過去からのラブレター (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
その朝、レイチェルの家で電話のベルが鳴り響いた。受話器の向こうから聞こえてきたのは、十二年間、かたときも忘れたことのない声だった。「トリスという名前に心あたりがありますか?」トリス―私の一生に一度の恋。豪華客船の旅で、めくるめく情熱をともにし、すぐに結婚しようと誓って…それきり姿を消した男性。レイチェルはひどく動揺した。なぜ今になって電話なんか?だがトリスは、レイチェルを捨てたわけではなかった。愛し合った日々の記憶を失っていたのだ。

内容(「MARC」データベースより)
豪華客船の旅で情熱をともにし、結婚しようと誓いながら、それきり姿を消した男性トリス。彼からの電話にひどく動揺するレイチェルだったが、彼はレイチェルを捨てたわけではなく、愛し合った日々の記憶を失っていたのだ!

聖夜まで待って (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
クリスマスも間近だというのに、ソフィーは恋人もなく、仕事もくびになってしまった。職業紹介所に出向くと、犬の散歩のアルバイトを紹介された。さっそく飼い主ガブリエル・ヨークの瀟洒な家を訪れたものの、だれも呼び鈴に応えない。不審に思ってドアの郵便受けから中をのぞいたところ、ガブリエルと思われる男性が床に倒れていた。彼女は大急ぎで窓から侵入し、気を失っている彼に人工呼吸を試みた。唇を重ねて息を吹きこんだとき、彼は意識を取り戻して不意に尋ねた。「どうして僕にキスをしているんだい?」。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
フィールディング,リズ
イングランド南部バークシャー生まれ。二十歳のときアフリカに渡り、秘書の仕事に就いた。土木技師と結婚し、その後十年間をアフリカと中東で暮らす。現在はイングランドに戻り、ウェールズに住んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

大富豪と女神 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
数カ月前、画家のレイニーはロマンス小説の表紙を依頼され、夢のように魅力的なヒーローをキャンバスの上に誕生させた。どこまでも貫き通すような青い瞳、荒削りな征服者の顔つき…。おかげで小説は読者の反響を呼び、名誉ある賞にも選ばれた。しかし今、レイニーは窮地に立たされている。表紙の男性にそっくりな人物が目の前に現れ、無許可で自分の姿を使われたとして、訴えるというのだ。彼の名はペイン・スターリング、今をときめく実業家だという。警戒心の強い彼の要望により、レイニーはペインの屋敷に滞在し、無実を証明しなければならなくなった。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ウインターズ,レベッカ
アメリカの作家。十七歳のときフランス語を学ぶためスイスの寄宿学校に入り、帰国後大学で、多数の外国語や歴史を学び、フランス語と歴史の教師になった。ユタ州ソルトレイクシティに住み、四人の子供を育てながら執筆活動を開始。これまでに数々の賞を受けたベテラン作家である(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

はるかなるローマ (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
チャーリーは初めて訪れたイタリアで途方にくれていた。小さな港町のアパートメントを祖母から相続した彼女は、そこを訪ねる途中で、道に迷ってしまったのだ。そのとき、運よく、マリーナにいる男性が目に入った。今まで見たこともないほどハンサムでセクシーな男性だ。話しかけると、幸いにも英語が通じ、彼はマッシモと名乗った。彼の案内でアパートメントにたどりついたものの、中に入ることができない。ここに泊まるつもりでいたのに…。「よかったら僕の家に泊まらないか」マッシモが言った。いかにも危険な感じがする彼の厚意に甘えていいものかしら。

内容(「MARC」データベースより)
チャーリーは初めて訪れたイタリアで途方にくれていた。小さな港町のアパートメントを祖母から相続した彼女は、そこを訪ねる途中で、道に迷ってしまったのだ。そのとき、運良く、マリーナにいる男性が目に入り…。

手紙 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
二十七歳のジョアンは複製画家としてすでに高い評価を受けている。八年前、イタリアに一年間留学して美術を学んでいたとき、同級生のレナータの家に招待され、毎週末を過ごすようになった。そしてレナータの兄フランコに会った瞬間、ジョアンは恋をした。フランコは二十四歳、長身で笑顔が魅力的な男性だった。けれど、彼はジョアンを女性としてではなく、妹のようにしか見てくれない。それでも、彼女はフランコのそばにいるだけで幸せだった。あの運命の夜が来るまでは―留学も終わりに近づいたある日の夜、いとこのローズマリーがジョアンを訪ねてきた。その場にいたフランコとローズマリーは一目で恋に落ち…結婚した。子供のころから大好きだったいとこと、初めて愛した男性が。その思いは、八年を経ても、ジョアンの心に深い傷を残している。たとえ今、ローズマリーが心臓発作で亡くなり、フランコが幼い息子と取り残されてしまったと聞いても…。

ほろ苦いプロポーズ (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
イギリスで看護師として働くラヴィニアの夢は、両親亡きあと伯母に引き取られた妹と、また一緒に暮らすことだ。自分たち姉妹につらく当たる伯母と早く縁を切りたい。そのためラヴィニアは思いきって、好条件で働けるオランダに渡った。落ち着きしだい妹を呼び寄せよう。勤務先の病院には、病理学の権威テル・バフィンク教授がいた。その端整な容貌と温かい人柄で、看護師たちの憧れの的だ。ある日、教授に食事に誘われて、ラヴィニアは有頂天になる。彼みたいな男性に相談にのってもらえたら、どんなにいいかしら…。そんな思いが別の感情に変わるのに時間はかからなかった。

内容(「MARC」データベースより)
イギリスで看護師として働くラヴィニアの夢は、両親亡きあと伯母に引き取られた妹と、また一緒に暮らすことだ。そのためラヴィニアは思いきって、好条件で働けるオランダに渡った。落ち着きしだい妹を呼び寄せよう。

噂の関係 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
エイヴァリーは小さな町でリフォーム店を営んでいる。父親のいない過去や都会で負った心の傷を乗り越え、今では穏やかな日々を送っていた。ある日、実業家のジョナスが仕事で町へやってきた。バーで偶然出会った彼から、思いがけずデートを申し込まれて、エイヴァリーは久しぶりに心がときめくのを感じた。いつも男性を遠ざけていたエイヴァリーと、裕福な実業家との付き合いは、町にさまざまな噂を巻き起こす。でも、決して深入りはしないと彼女は心に決めていた。私には、誰とも結婚できない大きな秘密があるのだから。イマージュ1800号記念号に寄せたキャサリンからのメッセージつき。

内容(「MARC」データベースより)
エイヴァリーは小さな町でリフォーム店を営んでいる。父親のいない過去や都会で負った心の傷を乗り越え、今では穏やかな日々を送っていたが、バーで偶然出会った実業家のジョナスから、思いがけずデートを申し込まれ…。

[墨田区紀行] [千葉の印刷なら千代田印刷] [鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」] [電子たばこ] [高収入バイト情報] [東京ぶらぶら] [GOGO!江戸川区!] [鶯谷・うぐいすだに] [横浜関内リラクゼーションサロンDIO] [幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク] [アキバ中毒のページ] [ハロー!江東区!] [美容外科] [日暮里 鶯谷 上野 ニュース] [台東クラブ] [台東紀行]

ooo千葉天ぷら・千葉天ooo オーガニック千葉A GO GO!ooo TOKYO SMOKER(トウキョウスモーカー)ooo 新型インフルエンザマスクooo ~新宿 Live House~ooo ビバ!プリプレスooo GOGO!江戸川区!ooo 日本蕎麦ならぬ千葉蕎麦!ooo 千葉のトピックス!ちばとぴっ!ooo 千葉自然公園探検ナチュラル派ooo 千葉県の自然ooo 映画を見に行こうよ!@千葉ooo 対戦求む!千葉最凶のゲーマー!ooo ショッピング 検索ooo 巣鴨で散策!ooo 芸能人女子フットサルooo メイドの土産.comooo AV機器ooo 山手線エリア 珈琲~Coffee~ooo 将棋好き好き@千葉ooo